本棚に入れる基準。

最近は、通勤電車の中くらいでしか、
本を読まなくなっているので、
読書量は月に4、5冊程度です。

そんなペースでもほっとくと、
どんどん増える本。

d0233253_21501348.jpg


読み終えた本を、本棚に入れるかどうかの
基準はひとつ。

「もう一度読みたいかどうか」です。
読み返さないな、と思ったら、
本棚に入れることなく、そのままリサイクルショップ行きになります。

ということで、
本棚で生き残っている本は、
何十回も読み返している、手垢だらけのものなのです。


訪問ありがとうございます。
応援クリックよろしくお願いします~。

  ↓  ↓  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ