ダラダラ休みに観た作品。

高速道路の渋滞の様子を眺めながら、
我が家はダラーンと家で過ごしています。

こんなときは、借りてきたDVDを観るのがお約束。

今回観た作品をご紹介~。

d0233253_10581383.jpg

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」

たぶんシネスイッチ銀座にかかっていて、見損なったもの。

結末はなんとなく予想どおりでしたが、
ブルックリンの普通の生活、キッチンに置かれているもの、
ダイアン・キートンのファッション…こういうのを見るのが大好き!

そして、アメリカでは一般的なのか、ニューヨークならではなのか、
家を売るときのシステムが日本と全然違うことにびっくり。

こんなシステムなら私きっと、家を売るのも買うのもムリって感じです。
おもしろかった~。

d0233253_10581918.jpg

「ヘイル シーザー」

毎度おなじみ、ジョージ・クルーニーとコーエン兄弟の
バカバカしい作品です。

大ファンのジョージ・クルーニーが出ているから観たいのですが、
こういうのは劇場じゃなくビデオで観ることが多いです。

やっぱり家で夫と「このシーン意味あんの?」とか言いながら
妙に造りこんだバカバカしい場面を観るのがいいんですよねー。

d0233253_10580798.jpg

「黄金のアデーレ 名画の帰還」

以前ジョージ・クルーニー出演の「ミケランジェロ・プロジェクト」も
観ましたが、どちらもテーマはナチに奪われた名画を取り戻すというものです。

こちらは派手な演出はなく、あくまでも個人が所有していた名画を
取り戻すストーリー。

イギリス作品らしく、静かでしみじみとしたものでした。
出演者も(敵役も含めて)惹かれる人物ばかり。
結末がわかっていても、ジーンとします。

戦時中の回想シーンに生々しい描写はありませんが、
それでも当時のユダヤ人迫害の恐怖は伝わってきます。


3作品とも、淡々としたつくりですが、
とっても良かった! 
観て良かったと思える作品でした。

実はまだ借りたものがありまして…。
また後日書きますね。




トラコミュ
暮らしを楽しむ




応援のクリックしていただけるとウレシイです♪
更新の励みになります(^^)/
   ↓

にほんブログ村

整理と収納のこと書いてます↓
「脱力シンプルライフ by Linen Style」

Instagram→ ★★








[PR]